見手我留記 ( みてあるき )
人生楽しいと常々思っている。振り返ると人の数倍以上のいろいろの経験をしてきた。あちらこちらに気の向くままに出向いて経験したこと、これからの計画・思いなどをご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見手我留記311 列車が20両以上の編成、一等のエアコン付、ベッドに変形できる座席に揺られて、出発・・・・

IMG_9791mok8810.gif


バナシー市内から列車の旅へ・・・・約10時間の列車に揺られる
インド・ゴールデントライアングルの旅の楽しみ。
たくさんの人々に出会いながら駅へと向かう。
出した汚物はそのまま線路の上に垂れ流されるということになるので、ホーム下のレール間はトグロいっぱい!!

インドの列車はほとんどが長距離の特急列車です。
列車が20両以上の編成、一等のエアコン付、ベッドに変形できる座席に揺られて、出発・・・・








IMG_9816mok1104.gif


IMG_9821mok1106.gif

IMG_9823mok1107.gif


IMG_9826mok1108.gif


IMG_9829mok1109.gif


IMG_9832ba9901.gif


IMG_9853ba1105.gif


IMG_9882bq1108.gif


IMG_9893ba1109.gif


IMG_9901ba3302.gif


IMG_9902ba3304.gif


IMG_9904ba3301.gif


IMG_9907ba3305.gif


IMG_9908ba3306.gif


IMG_9910ba3307.gif


IMG_9911ba3309.gif


IMG_9914ba1110.gif


IMG_9916ba1110.gif


IMG_9918ba1112.gif


IMG_9922bo1113.gif


IMG_9923ba1115.gif


IMG_9929ba1117.gif


IMG_9933ba1118.gif


IMG_9939ba1118.gif


IMG_9949ba1119.gif


IMG_9955ba1122.gif


IMG_9973ho1123.gif


IMG_9974ho4401.gif


IMG_9977ho1125.gif

テーマ:行ってきました☆ - ジャンル:ブログ

見手我留記310 川や海や泉など、水と結び付いた場所が神聖な空間とみなされ、身体全体またはその一部を水に触れさせることによって水がもっている移行と融合

IMG_9805van3305.jpg

夜の祈りがガンジス川に向かってささげられ、早朝には沐浴見物。
眠るヒマもないほどに忙しい一日である。

沐浴が宗教的儀礼と考えられ、水で身体的汚れを洗い清める。ヒンドゥー教徒にとってガンジス川の流れで沐浴することは、最大の信仰的行為。川や海や泉など、水と結び付いた場所が神聖な空間とみなされ、身体全体またはその一部を水に触れさせることによって水がもっている移行と融合する。

IMG_9781vana3301.jpg


IMG_9779van3302.jpg



IMG_9807vab3303.jpg


IMG_9816van3307.jpg


IMG_9820van3308.jpg


IMG_9824van3308.jpg


IMG_9829van3309.jpg







IMG_9676mok6601.gif


IMG_9680mok6602.gif


IMG_9683mok6603.gif


IMG_9691mok6604.gif


IMG_9692mok6605.gif


IMG_9695mok6606.gif


IMG_9700mok6607.gif


IMG_9713mok6607.gif


IMG_9730moku6608.gif


IMG_9733mok6610.gif

IMG_9420in2201.gif


IMG_9740.gif


IMG_9746mok8801.gif


IMG_9752mok88056.gif


IMG_9750mok8804.gif


IMG_9748mok8803.gif

IMG_9753mok880576.gif




IMG_9844gg2201.jpg



テーマ:いってきました^^ - ジャンル:ブログ

見手我留記309 バーナシー市内・車窓のさおとは、見るものがすべて珍しい光景に驚きながら

IMG_9644va3302.jpg


見るものがすべて珍しい光景に驚きながら、ヴァナシー市内を見学。

無理やりという感じにてサリーショップへと導かれる。
ガイドさん=営業マンという雰囲気である。
日本人は、カモかも!!
ホテルは、外とまったく違うくつろぎの空間である。
今夜は、夜の祈り見学。
明朝、4時に聖な河 ガンジスに沐浴体験・・・
スケジュールは詰まっている。
インドのビールは強いので、すきっ腹にキュと来る・・・・


IMG_9651va3303.jpg


IMG_9653va3304.jpg


IMG_9654va3305.jpg


IMG_9657va3307.jpg


IMG_9660va3308.jpg


IMG_9661va3308.jpg


IMG_9665va3309.jpg


IMG_9667va3310.jpg


IMG_9672va3310.jpg


IMG_9676va3313.jpg


IMG_9684va3314.jpg

IMG_9698va3315.jpg


va3301.jpg


IMG_9705va3302.jpg


IMG_9710va3303.jpg


IMG_9711va3304.jpg


IMG_9713va3305.jpg


IMG_9714va3306.jpg


IMG_9721va3307.jpg


IMG_9729va3308.jpg


IMG_9731va3309.jpg


IMG_9732va3310.jpg


IMG_9742va3311.jpg


IMG_9745va3313.jpg


IMG_9834re5501.jpg


IMG_9836re5502.jpg

テーマ:行ってきました☆ - ジャンル:ブログ

見手我留記308バーナシーへ向けて・驚いたのは、牛が縦横自在にあるいている

IMG_9546fu7701.jpg


ニューデリーから空路にてヴァナシーへ向かう。
わずか1時間少々の空のたびである。
眼下に広がる、田畑・うねった川などを眺めながらタッチダウンである。
沐浴で有名な都市であるために空港も建てかえられている。
到着後、市内へ向けて走る。
驚いたのは、牛が縦横自在にあるいている。
神様の使いであるために、事故にあったら全面的にドライバーの責任である。
不思議・・・・



IMG_9552fu7702.jpg


IMG_9561de7703.jpg


IMG_9576de77004.jpg


IMG_9585fu7705.jpg


IMG_9588fu77-7.jpg


IMG_9590fu7778.jpg


IMG_9593fu7779.jpg


IMG_9597fu7710.jpg


IMG_9602fu7711.jpg


IMG_9610fu7713.jpg


IMG_9617fu7715.jpg


IMG_9623fu7716.jpg


IMG_9629fu7717.jpg


IMG_9631df7718.jpg


IMG_9634fu7719.jpg


IMG_9637fu7720.jpg

テーマ:行ってきました☆ - ジャンル:ブログ

見手我留記307 フマユーン②赤砂岩と白大理石が組み合わされた建物は、見事な優美さを見せています

IMG_9218de5524.jpg


ガイドさんは、ここまで歩いてくる間に、ここの紹介を流暢なニッポン語にて・・・・
はいこの先は、「45分間自由に見学してください。私はここで待っています」
毎回同じ説明をして回るのもウンザリという感じであった・・・・

IMG_9118de5501.jpg


フマユーンは詩とワインを愛する心優しい皇帝でしたが、政治や軍事の素質を欠いていました。
戦いに敗れ帝国の領土を失い、15年間も外国に亡命していたのです。そして、ようやく帝国を再建したのも束の間、階段から転げ落ちる事故であっけなく死んでしまいました。
彼の死を嘆いた妃は、霊廟の建設に人生を捧げました。
9年の歳月をかけ、帝国皇帝の威厳を示す立派な霊廟を完成させたのです。
赤砂岩と白大理石が組み合わされた建物は、見事な優美さを見せています。

悲運の皇帝を悼んだ妃の想いは、新しい建築美へと昇華し、後のインド建築に大きな影響を与えました。
実績がなかった皇帝フマユーンは、この霊廟によって歴史に名を残すこととなったのです。


IMG_9128de5503.jpg


IMG_9131de5505.jpg



IMG_9140de5508.jpg

熱心にシャッターを押す人が目に付く・・

IMG_9136de5506.jpg


IMG_9146de5509.jpg


IMG_9150de5510.jpg


IMG_9155de5511.jpg

二階に上ってみると、リニューアル中である。
長い歴史の建物も手を加えなければならない・・・・

IMG_9156de5512.jpg


IMG_9163de513.jpg


IMG_9168de5515.jpg


IMG_9169de5516.jpg


IMG_9173de5516.jpg


IMG_9174de5517.jpg


IMG_9183de5518.jpg


IMG_9200de519.jpg


IMG_9203de5520.jpg


IMG_9207de5521.jpg


IMG_9211de5521.jpg


IMG_9213de5522.jpg


IMG_9215de2223.jpg

IMG_9218de5524.jpg


ひなたは刺すような暑さであるが、建物内は風を考えた空間であり心地よい風が吹き抜ける。
光と風を透過させるデザイン建築である。

IMG_9227de5525.jpg


IMG_9231de5526.jpg


IMG_9243de5527.jpg


IMG_9247de5528.jpg


IMG_9250de5529.jpg


テーマ:行ってきました☆ - ジャンル:ブログ

プロフィール

yukisato..shima

Author:yukisato..shima
たくさんの思い出をご紹介したり、こんなことができたらいいなと感じる事を書き込んだり。
夢と想像をいつも心に抱いて、あらゆることに関心をむける人生を歩んでおります。
何でも思いのままに綴っていきます。
辛かった時、悲しいかった時は楽しかったときを思い出して生きようと常々思っているノー天気な楽天家です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。